化学分析・生命科学系

超伝導高分解能核磁気共鳴装置

メーカー Bruker
型番(形式) AV500 + CryoProbe
設置場所 22号館316室
管理室 核磁気共鳴室
公開範囲 学内外

1H, 13C測定専用です。CryoProbeにより、検出器を液体ヘリウム温度に冷却してノイズを低減することにより、検出感度が非常に高く、短時間での測定や低濃度サンプルの測定も可能です。

装置性能および仕様

磁石 超伝導磁石方式(11.74テスラ)
観測周波数 プロトン:500MHz
測定方式 パルス波フーリエ方式
感度(13C) 2500
測定温度範囲 室温~80℃
測定可能核種 1H, 13C
使用可能なNMR管長 180mm以上
適切な試料溶液高 40mm

分析対象

状態 液体、可溶固体、気体
物質 有機物、錯体、高分子
濃度 1.5 mmol/L以上(低濃度は要相談)

■分析不可

不溶物

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09産学官金連携機構設備共用部門>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。