化学分析・生命科学系

示差走査熱量計

dsc8230
メーカー 株式会社リガク
型番(形式) DSC8230
設置場所 22号館314室
管理室 熱分析室
公開範囲 学内外

DSCとDTAは基本的には同様の測定方法です。ただし、DTAは試料内の熱伝達関数が関係するため、反応熱量の定量的評価ができません。それに対して DSCでは、試料と基準物質を熱的に分離し別々にエネルギ入力を与えることにより、両者の温度を等しく保つために必要なエネルギ入力の差を測定します。この方法では熱エネルギを電気のジュール熱で与えるので、反応熱を定量的に測定できます。

装置性能および仕様

測定方法 熱流速形
測定温度範囲 室温~725℃(窒素雰囲気下)
-150~200℃(冷却アタッチメント付加時)
DSCレンジ ±0.1~±100mW /フルスケール
加熱炉 抵抗炉

分析対象

状態 液体、固体
物質 有機物、錯体、高分子、セラミックス、無機物、金属、一般薬品、合成繊維

■分析不可

爆発性物質、発火性物質

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09産学官金連携機構設備共用部門>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。