化学分析・生命科学系

フーリエ変換赤外分光光度計

ir6300
メーカー 日本分光
型番(形式) FT/IR-6300, IRT-5000
設置場所 22号館310室
管理室 赤外ラマン分光室
公開範囲 学内外

顕微測定、真空測定可能です。

<測定用アクセサリー>
透過測定
通常の測定です。フィルム状のものはそのまま測定できます。 粉体試料はKbr錠剤に埋め込んで測定します(錠剤成形器使用)

<ATR測定>
赤外光の吸収が大きな試料で透過測定が困難な場合に用います。試料(固体,粉体あるいは液体)を屈折率の大きな,赤外光透明な媒体(ZnSeとGeを常備)に密着させ,媒体中を赤外光を全反射させて測定します。

<顕微測定> [ 650-6,000 cm-1]
透過、反射、ATR、RAS測定が可能です。 倍率×16倍の光学顕微鏡で試料を観察しながらマッピング測定、ライン測定、多点測定ができます。

<錠剤成形器>
φ2mmの錠剤を作成することが可能なハンドプレスがあります。通常は,粉体試料をKBrに混ぜて成形し,透過測定に用います。

装置性能および仕様

測定可能波数領域 400-7,800 cm-1
可変温度 -196~600℃
アタッチメント ATRアクセサリ(ZnSe, Ge)、窒素置換可能な温度可変ステージ(写真)

窒素置換可能な温度可変ステージ

分析対象

分析対象 透過測定:面積5×5μm以上、厚み0.1~10μm
反射法:面積10×10μm以上、厚み0.1~5μm
ATR:面積10×10μm以上、厚み0.1~数μm(もぐりこみ深さ)
RAS法:面積50×50μm以上、厚み数10Å~0.1μm
温度可変ステージ利用の場合、直径1.8cm, 高さ3mm以下

■分析不可

温度可変ステージ利用の場合、ATR測定は不可

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09大型設備基盤センター>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。