新共用プロジェクト

円二色性分散計

j820
メーカー 日本分光
型番(形式) J-820
設置場所 19号館603室
管理室 RCS-VI
公開範囲 学内のみ

光学活性分子の立体不斉の決定、光学異性体の混合割合の決定、蛋白質・核酸などのなどの生体高分子の二次構造の決定などが、溶液状態のサンプルにより、簡便に測定可能

装置性能および仕様

最高スキャン速度 10000nm/分
測定波長範囲 180-800 nm
測定温度範囲 4 – 100 ˚C
必要な測定液量 光路長1 cmの角セル使用時:2-3 mL、光路長2 mmの角セル使用時:0.4-0.6 mL、
積算回数 任意(通常は、8-16回程度)

分析対象

状態 溶液
状態 光学活性な有機低分子・合成高分子、光学活性な金属錯体、核酸・ペプチド・蛋白質などの生体高分子
状態 測定対象に依存するが、目安として、同じサンプルの吸収スペクトル測定をした際に、CDシグナルを観測したい波長域の吸光度が1程度になる濃度より低い濃度

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。