化学分析・生命科学系

電子スピン共鳴装置

メーカー 日本電子株式会社
型番(形式) JES-RE1X
設置場所 22号館306室
管理室 電子スピン共鳴室
公開範囲 学内外

測定の制御、データ処理をWindows XPで制御できる。共鳴磁場は0~650mTの範囲で、温度可変ES-DVT4(-170~200℃)測定が可能である。

装置性能および仕様

周波数(GHz) 8.8~9.6
マイクロ波出力 0.1mW~200mW
キャビティモード TE001円筒型
感度(100kHz変調) 1.0×1011 (spins/0.1mT)
磁場可変範囲 0~650mT

分析対象

測定温度範囲 -170~200℃(ES-DVT4)

■分析不可

測定では、高いQ値の空胴共振器の中に試料をいれ、マイクロ波の吸収をQ値の変化を通して検出する。そのため、誘電損失の大きな試料(水溶液等)や、電導度の大きな試料で 空胴共振器のQ値が試料により著しく悪くなる場合は測定が困難になる。

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09産学官金連携機構設備共用部門>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。