物理・表面計測系

凍結試料作製装置

jfd2
メーカー 日本電子株式会社
型番(形式) JFD-Ⅱ(EM-19500)
設置場所 2号館909A室
管理室 透過型電子顕微鏡室Ⅲ
公開範囲 学内のみ

凍結試料作製装置は、軟試料,含水試料を凍結したまま高真空中でフリーズ・フラクチャー法やフリーズ・エッチング法などにより試料本来の形態を保持し、蒸着により超微粒子のレプリカ膜を得て、電子線顕微鏡観察に適した試料を作製するための装置です。

装置性能および仕様

排気系 完全自動排気、ターボ分子ポンプ仕様
到達真空度 5E-5 Pa以下
温度コントロール + 40℃~-170℃、自動制御、デジタル表示
試料回転 モータ駆動
試料傾斜 0~90°
ナイフ移動 マイクロメータ二段方式
観察ルーペ ×10 切替方式
蒸着 マテリアル送出方式、2 極切換方式
マテリアル Pt-C、C
試料交換 ロードロック方式
ナイフ交換 ロードロック方式
マテリアル交換 ロードロック方式

分析対象

分析対象 軟試料,含水試料

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09大型設備基盤センター>01 料金表