化学分析・生命科学系

レーザーイオン化高分解能飛行時間型MS

jmss3000
メーカー 日本電子株式会社
型番(形式) JMS-S3000
設置場所 22号館223室
管理室 質量分析室
公開範囲 学内外

本装置は、試料プレート上に滴下され乾固した試料を分析する装置です。試料分子を主としてマトリックス支援レーザー脱離イオン化(MALDI)によりイオン化し、飛行時間型質量分析計によって分析するものです。行路長17mのスパイラル型イオン光学系により、分子量を高い質量分解能で分析することができます。また、MS/MS分析や、質量イメージング分析も可能です。

装置性能および仕様

イオン化方法 マトリックス支援レーザー脱離イオン化(MALDI)
質量分析計 飛行時間型(TOF)
イオン光学系 スパイラル型
飛行距離 17 m
質量分解能 60000以上(FWHM, ACTH fragment1~17 m/z : 2093
質量精度 1 ppm以内(平均誤差)(内部標準法)
感度 500 amol AngiotensinII(m/z : 1046), s/n>50
測定モード 正イオン分析モード、負イオン分析モード

分析対象

物質 有機物、高分子
試料量 数mg程度

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09大型設備基盤センター>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。