新共用プロジェクト

X線光電子分光装置

109_M-probe
メーカー Surface Science Instrument
型番(形式) M-probe
設置場所 セラ研A105室
管理室 RCS-VII
公開範囲 学内のみ

単色AlKα線を使用。Arスパッタリングによる深さ方向の分析が可能。

装置性能および仕様

分析範囲 0~1000eV
分解能 0.05eV

分析対象

状態 固体
物質 酸化物、金属
濃度 元素添加量が1wt%以上が必要

測定原理

試料表面にX線を照射し、試料表面から放出される光電子の運動エネルギーを計測することで、試料表面を構成する元素の組成、化学結合状態を分析する手法。試料表面数nm以下に存在する元素の情報を得ることができる。

■分析不可

有機物

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。