化学分析・生命科学系

レーザーラマン分光装置

nrs3300
メーカー 日本分光
型番(形式) NRS-3300
設置場所 22号館310室
管理室 赤外ラマン分光室
公開範囲 学内外

装置性能および仕様

測定可能波数領域 50~8000cm-1
可変温度 -196~600℃
レーザー波長 532.08nm,632.80nm
アタッチメント アンチストークス用レーザーフィルタ
窒素置換可能な温度可変ステージ(写真)

窒素置換可能な温度可変ステージ

分析対象

分析対象 固体、液体
表面の傾斜が急・凹凸が激しい試料、容器内の試料等を測定したい場合は、レンズと試料が接触しない距離を考慮する必要があります(Fig.1)。ご依頼時にご相談ください。
温度可変ステージ利用の場合、直径1.8cm, 高さ3mm以下

Fig.1

■分析不可

高さが2cm以上ある試料

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09大型設備基盤センター>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。