物理・表面計測系

X線光電子分光分析装置

phi5000
メーカー アルバック・ファイ
型番(形式) PHI5000 VersaProbe
設置場所 22号館317室
管理室 光電子分光室
公開範囲 学内外

細束軟X線を物質に照射し、放出される光電子のエネルギー分析を行ない、元素の同定、定量、状態、分布などを調べるものである。あらゆる固体物質について微小領域の分析が可能である。

装置性能および仕様

X線源 単色化Alアノード
スポットサイズ 10μm~100μm±10μm
検出器 静電半球型エネルギーアナライザーマルチチャンネルディテクター
結合エネルギー分析範囲:0~1400eV
Ag 3d5/2ピークの半値幅最少:0.5eV
帯電中和 低エネルギー電子とイオンの同時照射
スパッタイオン銃 アルゴンイオン、C60イオン
データ処理機能 [ ハードウェア ] HP Elite 8300 Win7仕様
[ ソフトウェア ] MultiPak ピークの同定、定量分析、深さ方向分析、ピーク分離、その他グラフィックス等多数

分析対象

試料サイズ 10mm×10mm
厚さ0.5mm程度
その他の形状は要相談
状態 薄板状
物質 金属、半導体、セラミックス、無機材料、有機材料

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09産学官金連携機構設備共用部門>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。