化学分析・生命科学系

応力制御式レオメーター

 

メーカー Anton Paar AG
型番(形式) MCR-302
設置場所 22号館413室
管理室 物質ダイナミックス解析室
公開範囲 学内外

応力制御式レオメーターです.低粘度流体からスラリー,ポリマー溶融樹脂などの高粘度流体の粘度や弾性を測定できます.また,様々なオプションを備えており,磁気粘弾性の測定,顕微鏡による拡大観察+粘弾性の同時測定,偏光イメージング+粘弾性の同時測定,フィルム状溶融樹脂の伸張粘度計測,ねじり変形計測など,様々な測定が可能です.

装置性能および仕様

最小トルク 0.5nN・m(振動)
1.0nN・m(定常回転)
最大トルク 200 mN・m
偏向角 0.05 mrad
最小角速度 1e-9 rad/s
最大角速度 314 rad/s
最小角周波数 1e-7 rad/s
最大角周波数 628 rad/s
ノーマルフォース範囲 0.005N ~ 50N
測定温度 ペルチェ(水冷):-20 ~ 180℃
ペルチェ(空冷): +5 ~ 200℃
対流式オーブン:-150~450℃

分析対象

低粘性溶液,水溶性ポリマー,溶融樹脂,スラリー,ペースト,溶媒,磁性流体,粘着剤,接着剤,食品,化粧品,医薬品,塗料,分散系流体,液晶,界面活性剤,イオン液体,ゲル構造体,ソフトマターなど

分析対象不可

腐食性物質,毒物

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09産学官金連携機構設備共用部門>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。