新共用プロジェクト

単結晶X線回折装置

110_SmartApexII.jpg
メーカー Bruker
型番(形式) Smart Apex Ⅱ
設置場所 セラ研B101室
装置管理室(RCS) RCS-Ⅶ
公開範囲 学内のみ

Mo管球を使用、CCD 検出器,試料温度制御可能

装置性能および仕様

X線発生装置 Mo アノード封入管
入射ビーム・コリメーション 全反射モノキャピラリ
検出器 CCD, Bruker APEX II
カメラ半径 通常約60mm
ゴニオメータ 2θ,ω,φ軸可変,χ軸 54.74°固定,Huber model 1004
試料温度制御 窒素発生装置,ガス吹き付け,白金ヒーター,PID 制御,最高1000℃

分析対象

分析対象 単結晶,典型的なサイズは数十μm

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。