化学分析・生命科学系

液体クロマトグラフ高分解能飛行時間型MS

synaptg2
メーカー Waters
型番(形式) Synapt G2 HDMS + Acquity
設置場所 22号館302室
管理室 質量分析室
公開範囲 学内外

本装置は、液体または溶液状態の試料を分析する装置です。試料分子をエレクトロスプレーイオン化法(ESI)などによりイオン化し、飛行時間型質量分析計によって分析するもので、試料の分子量や化学構造に関する情報を得ることができます。イオンの質量を小数点以下3桁まで求めることができる(いわゆるミリマスが得られる)ため、イオンの元素組成を推定することができます。また、液体クロマトグラフと接続されているため、複雑な混合物の定性、定量に適しています。さらに、MS/MS分析やイオンモビリティー分析も可能です。

装置性能および仕様

イオン化方法 エレクトロスプレーイオン化法(ESI)、大気圧固体試料イオン化法(ASAP)、ナノフローESI
質量分析計 四重極型・飛行時間型(TOF)ハイブリッドMS/MS
TOFイオン光学系 リフレクトロン型
質量分解能 40000以上(FWHM, m/z : 1431)
質量精度 1 ppm以内
感度 50 pg /μl ロイシンエンケファリン溶液(0.1 %ギ酸含有50 %アセトニトリル水溶液、m/z : 556)、1700カウント毎秒以上
測定モード 正イオン分析モード、負イオン分析モード
送液方法 高圧混合(4溶媒~2溶媒選択グラジエント)
流量範囲 0.01~2.00 ml/min
サンプルヒーター/クーラー 4~40 ℃
注入量範囲 0.1~250 μl
カラムヒーター温度設定 室温~90 ℃

分析対象

状態 液体、可溶固体
物質 有機物、錯体、高分子
試料量 数mg程度

■分析不可

不溶物

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09産学官金連携機構設備共用部門>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。