新共用プロジェクト

ナノ秒時間分解分光測定装置

tsp2000
メーカー ユニソク
型番(形式) TSP-2000
設置場所 19号館603室
管理室 RCS-VI
公開範囲 学内のみ

光励起後のりん光物質等の100ナノ秒以上から1秒程度の長寿命な化学種の時間分解発光スペクトル及び過渡吸収スペクトルの測定が可能です。

装置性能および仕様

測定波長範囲 300nm~1600nm
励起光源 355nmまたは532nm
測定可能温度 室温(固体)
-80℃から50℃(溶液試料のみ)
特殊測定 一重項酸素の発光寿命測定

分析対象

状態 発光寿命測定の場合
10mmの枝管付き蛍光測定用セル内のレーザー照射位置にあれば測定可能
過渡吸収測定の場合
溶液状態で、紫外可視吸収スペクトルの情報が必要
物質 有機物、錯体、高分子

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。