化学分析・生命科学系

時間分解赤外分光装置

メーカー Bruker
型番(形式) VERTEX80+HYPERION3000
設置場所 22号館 217室
管理室 時間分解赤外分光室
公開範囲 学内外

メーカー LOTIS TII
型番(形式) LS-2134UT-10, LT-2214U
設置場所 22号館 217室
管理室 時間分解赤外分光室
公開範囲 学内外

ナノ秒パルスレーザーや急速溶液交換装置などを利用して、サンプルの光反応や溶液反応などに伴う赤外吸収スペクトルの変化を時間分解計測する装置です。フィルム状の試料や液膜、全反射減衰光学系(ATR)、赤外顕微鏡による計測が可能です。

装置性能および仕様

観測領域(波数) 4000-8000 cm-1程度
測定温度範囲 10℃から70℃程度
赤外窓板サイズ Φ25mm(厚さ2mm程度)
励起光 ナノ秒パルスレーザー(Nd:YAG)532, 355 nmおよびOPOによる波長可変(450 nm~600 nm程度)

分析対象

状態 液体、固体
物質 タンパク質、高分子、錯体など
濃度 観測する赤外線の吸収が2 O.D.程度以下のもの

 

■分析不可

人体に有害な物質、腐食性の物質

検索キーワード

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09産学官金連携機構設備共用部門>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。