時間分解赤外分光室

  • 機器名 時間分解赤外分光装置
    メーカー Bruker
    型番(形式) VERTEX80+HYPERION3000
    設置場所 22号館 217室
    公開範囲 学内外
  • 機器名 ナノ秒パルスレーザー+OPO波長可変レーザー
    メーカー LOTIS TII
    型番(形式) LS-2134UT-10, LT-2214U
    設置場所 22号館 217室
    公開範囲 学内外

赤外分光法は分子の基準振動に基づく赤外吸収スペクトルを計測する手法である。レーザー光により試料を光励起することで、光異性化や光触媒など様々な化学反応の過程を時分割追跡することが可能になります。また、急速溶液交換装置によって、全反射赤外分光用の結晶表面に張り付けた試料の溶液反応を追跡することも可能です。

学内利用方法および利用料金

ポータル内の機器分析受付システムに記載の注意事項を確認の上、申請してください。 利用料金は、職員ポータル共有ドキュメント内にあります。 e.センター>03-09産学官金連携機構設備共用部門>01 料金表

学外利用方法および利用料金

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、学外利用案内をご覧下さい。