Q&A

受託試験

「受託試験」では測定以外にどこまで対応していただけますか?

測定試料の調製・加工、解析、指導もお引き受けできる場合があります。お申し込み時にお問い合わせください。
研究要素を含む場合は、「共同研究」または「受託研究」事業をご利用ください。

申し込みから測定開始までどのくらいの日数がかかりますか?

弊学受託試験では、測定前に試験内容と料金を決定し、その内容に基づいた「受託試験依頼書」を提出頂きます。そのため、事前の測定試料や測定内容などの詳細打ち合わせにそれなりの日数を要します。また、「受託試験依頼書」等を提出いただいた後、弊学内での承諾手続きに3日から1週間ほどかかります。この承諾手続きが終わり次第、測定が可能となります。なお、装置の予約が混雑している場合、測定開始が遅れる場合がございます。詳しくはお尋ねください。

「秘密保持契約」の締結は可能ですか?

「秘密保持契約」の締結は可能ですので、お申し込み時にお申し付けください。
なお、本学の職員は契約の有無に関わらず守秘義務を負っております(国立大学法人名古屋工業大学職員就業規則 第29条 四項)。また、ご要望に応じて、測定データの破棄や試料の返送に対応いたします。

自分で装置を操作することは可能ですか、あるいは測定時に立ち会うことはできますか?

装置・機器の操作は弊学スタッフが行い、依頼者様が操作することはできません。測定時の立会いは多くの装置で可能です(当方よりお願いすることもあります)。立会い測定は、原則として平日10:00~16:00の対応です(但し装置により若干異なります)。詳しくはお尋ねください。

立ち会い測定や打ち合わせの際、自動車での訪問は可能ですか?

なるべく公共交通機関のご利用をお願いしておりますが、自動車での入構も可能です(ただし、イベント等で駐車が制限される場合がございます)。事前に「臨時車両入構申請書」をご提出頂くか、当日、正門守衛にてお手続きください。

試験料金の納入方法を教えて下さい。

通常、依頼書内で請求書の送付時期を「承諾書発行時」または「結果通知書発行時」にご指定頂けます。納入期限はどちらも請求書が発行された日から60日(当日が金融機関の休業日にあたるときは、その前日)となります。その他、年度予算の都合等で早めの請求書発行を希望される場合、個別にご相談ください。
納入は、(1)銀行振込 または (2)窓口での現金払い にてお願いいたします。

Web会議での打合せは可能ですか

弊学ではMicrosoft Teamsを利用したWeb会議が可能です。また、その他のWeb会議システムも可能な限り対応させて頂きます。

装置

Q&Aが見つかりません。